F1RCGP'16第5戦inみさき  2016.4.24
矢崎光選手(F1-GP)大逆転V!

ホビーショップみさき「みさきRACINGサーキット」でZAC木村氏とF1RCGP代表北澤氏を迎え4月24日<F1RCGP'16第5戦inみさき>が開催され和歌山、愛知、地元山梨の熱烈F1マニア13名、18台が集結! 超テクニカルコースで、デットヒートを繰り広げました。



レースは全て電動にてGTクラス、F1フレッシュマンクラス、F1スケールクラス、F1クラス、F1グランプリクラスの5クラス、F1スケールクラスは予選4分2Rタイムアタック決勝50周1R、他4クラスは予選4分2R決勝8分1Rタイムレースで行われました。

まず、<GTクラス>は予選1R矢崎光選手が18周でポールポジション獲得!
2番手野尻選手、3番手岡選手、4番手渡辺選手で8分間の決勝スタート!
ポール矢崎光選手スタートからトップに立つと快調にラップを重ね必死に追い上げる2番手スタートの野尻選手を押さえ33周で優勝!準優勝は野尻行信選手、3位には岡敏晴選手が入賞!

<F1フレッシュマンクラス>は予選2R飯塚浩選手が22周の好タイムでTQ奪取!
2番手長田選手、3番手石井選手、4番手樋口選手で決勝スタート!
ポール飯塚選手スタートから正確な好ラップを連発!激しく追い上げる2番手スタート長田選手を僅差で押さえ飯塚浩選手が39周の好タイムで優勝を果たした。 
準優勝は長田圭司選手、3位は石井謙一選手が入賞した。
  
<F1スケールクラス>は予選2R木下啓治選手が12秒98の好ラップでポール獲得!
2番手荒川選手、3番手木下政勝選手、4番手重松選手で50周の決勝スタート!
序盤よりポール木下啓治選手と荒川選手が激しいトップ争いを演じたが絶妙なピットandゴーを決めた木下啓治選手が僅差で荒川選手を押さえ木下啓治選手が50周の長中場を制した。 
準優勝は荒川努選手、3位には木下政勝選手が入賞!
 
<F1クラス>はポール重松隆一選手と木下政勝選手の一騎打ち!
序盤は周回毎にトップを奪い合う目の離せない激しいレースを木下政勝選手が制した。

<F1グランプリクラス>は予選1R絶好調渡辺正人選手が20周の好タイムでTQ奪取!
2番手野尻選手、3番手矢崎光選手で注目の8分間決勝スタート!
ポール渡辺選手スタート失敗!野尻選手がトップ奪取激走!しかし11周目のチョイミスを矢崎選手逃さずトップに立つとアグレッシブな走りで矢崎光選手が40周を果たし大逆転優勝! 
準優勝は渡辺正人渡辺正人選手、3位には渡辺正人選手が入賞しました。

レース終了後は超豪華賞品の大抽選会、ジャンケン大会に大歓声!    
嬉しい楽しい最良の1日を過ごしました。
                      


1/12GTクラス、決勝の様子


F-1フレッシュマンクラス、決勝の様子


F-1スケールクラス、決勝の様子


F-1クラス、決勝の様子


F-1グランプリクラス、決勝の様子



レース終了後の抽選会とジャンケン大会の様子


<レース結果>

 詳細結果はこちら →   
1/12GTクラス、左から2位、1位、3位の選手

 詳細結果はこちら →   
F-1フレッシュマンクラス、左から2位、1位、3位選手

 詳細結果はこちら →   
F-1スケールクラス、左から2位、1位、3位の選手

 詳細結果はこちら →   
F-1クラス、左から2位、1位の選手

 詳細結果はこちら →   
F-1グランプリクラス、左から2位、1位、3位の選手