’11みさきGC第6戦       ’11.6.12
梅雨空を吹き飛ばすコースレコードラッシュ!   

 ホビーショップみさき「みさきRACINGサーキット」で梅雨空曇天の6月12日<’11みさきGC第6戦>東京、長野、地元山梨の熱烈なRCマニア26名、42台が参加! 
 前回チーム・ヨコモの広坂、山内選手が記録したコースレコードを打ち破る好記録等、4クラスにコースレコードラッシュで梅雨空を吹き飛ばす大熱戦を繰り広げました。



 レースは1/10ツーリングカーによる23TEXクラス、BNクラスと48Tクラスに1/12レーシングクラス、1/10F1クラス、新種目GT500クラスの6クラスで、1/12レーシング予選8分2R決勝8分1R他5クラスは予選5分2R決勝5分1Rで行われました。  
まず、1/12レーシングクラスは予選2R唯一人42周を叩き出した斉藤智昭選手が5度目のTQ!ロケットスタートから安定したラップを重ね他車を徐々に引き離し、圧勝でポールトゥウイン!今季V5を飾った。なお準優勝は長田圭司選手、3位は飯塚浩選手が入賞!

 ツーリングカー48Tクラスは「ヨコモ」ドリフトパッケージをベースに扱いやすい48TモーターにSSタイヤのグリップレースで行われ、今回はキッズドライバーが田部健太郎選手唯一人でチョット寂しいレースでしたが、飯窪康郎選手が予選決勝共安定した走りで初優勝!
 準優勝に高橋勇人選手3位には田部健太郎選手が入賞しました。

 GT500クラスは前回チーム・ヨコモの広坂正美選手が樹立したコースレコードを予選1R藤原隆英選手が一挙に4秒も短縮する大記録でポール奪取!
 2番手矢崎光選手、3番手斉藤智昭選手、4番手田部誠選手で注目の決勝スタート!
ポール藤原選手好スタートを決めたが直後のインフィールドに捕まり順位を落とすとセカンドグリッドスタート矢崎光選手がトップに躍進!安定したラップを重ね他車の追従を振り切り矢崎光選手が初優勝!準優勝は斉藤智昭選手、3位に藤原隆英選手入賞した。

 ツーリングカー23T・BNクラスは高橋豪選手が4連続TQ奪取!2番手飯塚浩選手、3番手岡敏晴選手、4番手名取元彦選手で決勝スタート! ポール高橋選手好スタートからトップに立つと快調にラップを重ね全車をラップする快走でコースレコードを記録して高橋豪選手が今シリーズ3度目の優勝!準優勝は岡敏晴選手、3位には永野新吾選手が入賞しました!

 1/10F1クラスクラスは予選2R唯一人27周のコースレコードで斉藤隆選手が今季2度目のポール!セカンドグリッド矢崎光選手、3番手矢崎利弘選手、4番手斉藤智昭選手で決勝スタート!ポール斉藤隆選手素早いスタートからトップに、しかし3周目まさかのクラッシュダウン!2番手スタート矢崎光選手がトップに立つと快調にラップを重ね今季5V!
 準優勝は矢崎利弘選手、3位は中村直裕選手が入賞しました。

 ツーリングカー23T・EXクラスは予選1R大嶋慶太選手が前回チーム・ヨコモの山内選手が記録したコースレコードを1秒短縮!予選2Rでは2秒短縮の斉藤隆選手がTQ奪取!2番手大嶋慶太選手、3番グリッド漆原俊選手、4番手鈴木滉裕選手で注目の決勝スタート!ポール斉藤隆選手ロケットスタートからトップ激走!2番グリッドよりの大嶋慶太選手トップ猛追終始テールトゥノーズ、サイドバイサイドでギャラリーを涌かせたが僅差で押さえた斉藤隆選手が5秒も短縮のコースレコードで今季2度目の優勝!準優勝大嶋慶太選手3位は漆原俊選手が入賞した!  

 レース終了後は<ホビーショップみさき>よりの豪華賞品の大抽選会に大歓声!
嬉しい楽しい素晴らしい1日を過ごしました。


1/12レーシングクラス、決勝Aメインの様子。


ツーリングカー48Tクラス、決勝Aメインの様子。


GT500クラス、決勝Aメインの様子。


ツーリングカー23T-BNクラス、決勝Aメインの様子。


F-1クラス、決勝Aメインの様子。


ツーリングカー23T-EXクラス、決勝Aメインの様子。


レース終了以後のお楽しみ抽選会の様子。


<レース結果>

 詳細結果はこちら → @ A B
1/12レーシングクラス、左から1位、2位、3位の選手

 詳細結果はこちら → @ A B
ツーリングカー48Tクラス、左から1位、2位、3位の選手

 詳細結果はこちら → @ A B
GT500クラス、左から1位、2位、3位の選手

 詳細結果はこちら → @ A B
ツーロングカー23T-BNクラス、左から1位、2位、3位の選手

 詳細結果はこちら → @ A B
F-1クラス、左から1位、2位、3位の選手

 詳細結果はこちら → @ A B
ツーリングカー23T-EXクラス、左から1位、2位、3位の選手