05みさきGC第8戦       ’05.8.28    
超人!広坂選手 爆勝!    

 ホビーショップみさき「みさきRACINGサーキット」で残暑厳しい8月28日 <’05みさきGC第8戦>が開催され、ワールドチャンプ広坂正美選手をはじめ鈴木明選手、デーブ加藤選手、丸山選手、横山選手、松倉選手と6名もの<チームヨコモ>を豪華スペシャルゲストに迎え、熱気ムンムンの地元山梨のRCマニア39名、40台が参加!
 残暑を吹き飛ばす大熱戦が展開されました。


 レースは1/10ツーリングカーストッククラスと1/10ツーリングカーフレッシュマンクラス、
1/12レーシングの3種目が行われ、ツーリングカースポーツクラスと1/12レーシングは予選8分2R決勝8分1R、フレッシュマンクラスは予選5分2R決勝5分1Rで行われました。

まず1/12レーシングは予選2R長田圭司選手と清水孝一選手のベテラン勢が終始激しくトップ争いをし両選手共に44周のコースレコードを樹立!長田選手が0.7秒差でTQ獲得!
決勝グリッドはポール長田選手、2番手清水選手、3番手山形選手で決勝スタート!
長田選手スタート失敗!2番手清水選手好スタートを決めトップ!しかし1分30秒過ぎトラブルを抱えズルズルと順位が下がり、長田選手がトップに立つと快調にラップを重ね、全車をラップする快走で夢の45周のコースレコードを叩き出して今シリーズ2度目の優勝を飾った!

 フレッシュマンクラスは小中学生6選手に大人3選手が参加!フレッシュマンクラスとは思えないハイレベルなレースを展開し、予選1Rいきなり手島貴雄選手が初の26周のコースレコードを叩をきだす快走で皆を圧倒するが、予選2R負けじとコースレコードホルダー伊藤勇太選手も26周を果たすが1.4秒届かず無念連続ポールの記録が途絶えた。
 決勝では憧れの<チームヨコモ>の選手と一緒に走れる喜びと緊張の中、決勝Aメインは手島選手が初のポールポジション、セカンドグリッド伊藤選手、3番手西山選手、4番グリッド渡辺善博選手で注目の決勝スタート!
 ポール手島選手好スタートを決めトップに立ち、安定したラップをかさねレースをリード!
 2番手伊藤勇太選手スタート失敗!4番手スタートの渡辺選手が落ち着いた走りでジワジワと浮上!2分過ぎトップ手島選手を捕らえ渡辺選手がトップに!手島選手最後まで追いすがるが落ち着いたレース運びでトップを譲らず僅差で渡辺選手が優勝!次回よりのストッククラス昇格を決めた!   準優勝は手島選手、3位には西山選手が入賞した。
Bメインは」山口選手が制した。   
 <チームヨコモ>参加のツーリングカーストックククラスは決勝Aメイン入りを目指し予選1Rより<チームヨコモ>VS<チームみさき>の熾烈な戦いが繰り広げられた。
 地元選手と鈴木昭選手が44周を連発!予選2R好調矢崎光選手が44周5秒のコースレコードを叩きだすが、超人広坂正美選手は初の45周を2本まとめダントツのTQ獲得!
 注目の決勝Aメインは<チームヨコモ>5選手、<チームみさき>5選手、ポール広坂選手、2番手矢崎光選手、3番手鈴木昭選手、4番手望月裕司選手、5番グリッド大嶋慶太がトップグリッドより緊張の決勝Aメインスタート! 
 ポール広坂選手ロケットスタートで一挙に他車引き離す、矢崎光選手必死に追いすがるが、超人広坂選手は驚異的で正確なラップタイムを刻み続け他車を圧倒!予選タイムを5秒も縮める45周を果たし爆勝!さすがワールドチャンプと皆を唸らせた。
 準優勝は矢崎光選手、3位には鈴木昭選手が入賞!
 なおBメインは丸山選手、Cメインは保坂選手が制した。            
 レース終了後は<ヨコモさん>よりの超豪華賞品の大抽選会と<チームヨコモ>の皆さんと楽し〜い嬉し〜いジャンケン大会に大歓声! 
 20数名のドリフトマニアの皆さんとも一緒に走り素晴らしいラジコンデーを過ごしました


ツーリングカーストッククラス・決勝Aメインの様子


ツーリングカーフレッシュマンクラス・決勝Aメインの様子



レース終了後、ヨコモさんより頂いた商品の大ジャンケン大会を行いました。


最後にお楽しみ抽選会の様子


<レース結果>

 詳細結果はこちら→ @ A
ツーリングカーストッククラス・左から1位、2位、3位の選手

 詳細結果はこちら→ @ A
1/12レーシングクラス・左から1位、2位、3位の選手

 詳細結果はこちら→ @ A
ツーリングカーフレッシュマンクラス・左から1位、2位、3位の選手