プラモデル・ラジコンショー2000 in Tokyo 報告

9月21日〜24日の4日間、幕張メッセにて「プラモデル・ラジコンショー2000」が開催されました。
業者招待日である9月21日に行って来ましたので、早速ですが各社の新製品等をご紹介します。


開催初日と言うことで、オープニングセレモニーが行われ、関係者によるテープカットが行われました。

会場の様子


<タミヤ模型>
まず最初はタミヤ模型のブースからです。

先ずは懐かしいタイレルがF103シャーシで復刻です。


こちらも懐かしいXR311コンバットバギーです。


TA04です。フェラーリ360モデナとR34スカイラインGTRのボディで登場です。

各種オプションパーツも発売されます。センター&フロントワンウェイやCVDジョイントなどレースパーツも充実です。


TB-01です。
ロードバージョンとしてDTM2000のベンツとオペルのボディ、ラリーバージョンとしてインプレッサ(新井選手仕様)が新登場です。


TG10にDTM2000のベンツ・オリギナルタイレが追加されました。
又、PROキットも設定されました。ロングサスや空力を考慮したボディが付いています。


TG10・TB-01共通のオプションパーツが発売されます。


TB-01エボリューション、標準で低重心シャーシ・ロングサス等を装備しています。


最近元気なミリタリー系ではタイガーTとキューベルワーゲンが登場です。


最近元気のないF−1もフェラーリとマクラーレンのボディが再販されます。


ようやくタミヤのニッケル水素3000バッテリーが専用充・放電器と共に発売です。


変わり種としてはマンモスダンプが新登場です。次はパワーショベルが登場するのかも?!


<ヨコモ>

RC12用の4セルシャーシキットとピークマッチドPlus10です。


MR-4TCにフルオプション仕様が登場です。フロントスタビの取り回しが変更されています。


高速化しすぎたツーリングカークラスも4セルかしよう とのコンセプトでTCの4セルバージョンも参考出品されていました。


<HPI Japan>
今回のモデルショーよりヘリコプター・飛行機の取り扱いを開始したとの事です。(旧カルトの事業を吸収合併)
この件について、発表セレモニーがありました。


ナイトロRS4にモンタジエスクードとランサーEvoYが登場です。


世界戦仕様の吉岡車も展示されていました。


新ジャンル:1/18スケールのMICRO RS4です。
まだ参考出品ですが、来年くらいには発売予定とのことです。
ボディはダッジバイパーとBMW M3の予定です。



各種ニューボディです。順にランサーEvoY、プジョー、プレリュード、エクリプスでランサー以外は200mm幅です。


<川田模型>

アルシオンUのオプションが追加されています。


寒い時期用のタイヤやインナースポンジ(薄厚タイプ)です。


M toronniksのアンプがモデルチェンジです。


<KO>

EX-1の2000年記念モデルです。

ニューアンプ:VFS-2000が参考出品されていました。
特徴は可変周波数カーブコントロールだそうです。


<三和>

三和よりデジタルサーボがやっと登場です。リーズナブルな値段で、もちろんセカンドパックも発売されます。


<京商>

雑誌で紹介されていたツーリングカー:KX-ONEも11月頃発売予定です。


F-TENもEPモデルが登場です。


<ABCホビー>

クアトロです。車の下に敷いてあるのはセッティングボードです。オプションパーツも発売です。


フェアレディZ 2by2です。


六角レンチが各種サイズ発売です。


DTM-X4:1/24のシャフトドライブ4WDです。


<クロス>

RS4用のカーボンシャーシセット(ストレートバッテリー)です。


TA-04 PRO用のカーボンシャーシセットです。


TB-01用のカーボンシャーシセットです。


ミノルタトヨタ、タカQトヨタのボディです。


<セントラルRC>

ニューツーリングカー:XRAYです。


<フォルム>
1/5スケールのRCです。格好いいですが、高いです。(^^;


トップページへ戻る