コースレイアウトH

2006年の第1戦より採用される新レイアウトです。
コントロールスタンド側がテクニカルセクションとなる反時計廻りのレイアウトです。


高速コーナーイン側のパイロン攻略がタイム短縮の鍵!!
インを攻め過ぎると転倒してしまうので、正確なマシンコントロールが要求されます。


インフィールドセクションもパイロントラップが一杯。
こちらではハーフスロットル領域でのセッティングとマシンコントロールが要求されます。